経営にお悩みの方

許認可の承継

宅地建物取引業法においては、企業再編時の許認可の承継を認められておりません。したがって、宅建業者が消滅会社となるような合併が行われた場合、存続会社に宅建業の許認可が承継されるということはありませんので注意が必要です。

また、会社分割や事業譲渡によっても同様に宅建業の許認可が承継されるこもありませんので、営業を継続的に行うためには事前の計画が必要となります。

ただし、合併や分割、事業譲渡が行われたとしても、存続会社や承継会社側で既に取得している許認可に影響はありませんので、元々宅建業の許認可を取得している会社が他の会社を吸収合併したとしても、当然に宅建業の営業を継続することができます。

※企業再編により宅建業の許認可を再取得することとなった場合は、こちらへ



創業36年実績の東雲グループ

  • 東京本店

    東京本店

  • 京都支店

    京都支店

  • 福岡支店

    福岡支店

▲このページの上部へ